クリニックの脱毛方法

クリニックとサロン等との違いとは?

身体全体的にムダ毛が気になり、全身脱毛をしたいと考える人は男女問わず少なくないようです。全身脱毛が出来る場所には色々な所がありますが、効果を求めるならクリニックがおすすめです。美容サロン等とクリニックの最大の違いは、脱毛方法にあります。クリニックでは、全身脱毛の際に医療用レーザーが利用出来るのです。この医療用レーザーは、サロン等で使われているフラッシュと呼ばれる機器より光の出力が強いという特徴があります。

気になる部位に、メラニン色素だけに反応するレーザーを照射し、ムダ毛を毛根から破壊するというのが、大まかなクリニックで行える脱毛方法です。即効性が期待出来る他、永久脱毛が可能という他には無いメリットもあります。若干痛みが強い傾向になりますが、医療機関ならではの充実したアフターケアがあるので、あまり心配しなくても良いでしょう。

そのレーザーにはどんな種類があるの?

では、クリニックでの脱毛方法である医療レーザーには、どんな種類があるのでしょうか。まず一つ目が、ヤグレーザーという種類です。メンズの全身脱毛にも良く使われるほど出力が高く、頑固なムダ毛も処理出来るパワーがあります。その分痛みが強いので、お肌が弱い人は要相談です。次に、アレキサンドライトレーザーという種類があります。痛みはヤグレーザーよりも弱いですが、VIO等のデリケートゾーン等は若干痛みが強くなる場合があります。このレーザーの長所は、脱毛と同時に美肌効果も見込めるという点です。

最後は、ダイオードレーザーという種類です。痛みを極限まで弱くした最新型の一つで、敏感肌の人でも安心出来ます。効果面でもぱっと見では分からないような産毛も脱毛する事が出来る、高性能レーザーです。自分の求める効果や肌質等と相談し、医師のアドバイスも参考にしながら自分に合った脱毛方法を選びましょう。